お洒落なアクセサリーをハンドメイドしませんか〜材料の選び方をご紹介

レースチョーカー(YI-376)

お洒落なアクセサリーをハンドメイドするには

Beads Jewelry Studio LUNA 主宰 LUNAです。

セレクトショップで販売されているような、
お洒落なビーズアクセサリーを
手作りしてみませんか。

ショップで素敵なアクセサリーを選ぶのも
とても楽しい時間ですが、
自分で作るアクセサリーは「世界で一つ」
という特別感があります。

では、お洒落なビーズアクセサリーを作るためには
どうしたらよいでしょうか。

コツは、いろいろありますが、
料理をする時に、素材が大切なように、
材料選びは重要なポイントです。

今回は材料の選び方のご紹介から
させていただきます。

材料屋さんに行くと、
たくさんの材料があって
目移りしてしまいますよね。

テグス編みをする時に、扱いやすい材料、
お洒落なアクセサリーを作るための
おすすめの材料をご紹介します。

材料の選び方

  • シンプルな定番の材料
  • 穴が大きめ
    (テグス編みをする時に編みやすいため。)
  • 色は無彩色
    (AB加工など、光沢が無い方が使いやすい。)
    黒、クリスタル、白、パールなど
  • 大きさは3mm〜8mmくらい

おすすめの材料

  • パール
    (スワロフスキー・クリスタル#5810、
    アクリルパール)
  • スワロフスキー・クリスタル#5328
    (通称ソロバン型)
  • チェコFP(ファイアポリッシュ)
  • 丸小ビーズなど

こちらの記事でご紹介したバングルは、
チェコFP(ファイアポリッシュ)で編んでいます。
FPは、穴が大きいため、編みやすい材料の一つです。

bangle-black

bangle-black

理由

  • 装いに合わせやすい。
  • 同じデザインでも、色がシンプルなため、
    こなれて見える。
  • ハンドメイドっぽくないアクセサリーに仕上がる。
  • 材料を組み合わせやすい。
  • 肌に馴染みつつ、しっかり主張する。

例えば:レースチョーカーの作り方

冒頭のレースチョーカーの作り方を、
ユザワヤさまのHPにて公開中です。

「ユザワヤオリジナルレシピ」レースチョーカー(YI-376)

レースチョーカー(YI-376)

レースチョーカー(YI-376)

こちらの画像は、
二種類のチョーカーが掲載されていますが、
同じ編み方で、材料を変えて作りました。

黒バージョンは、
スワロフスキークリスタル#5328を使っています。
同じ編み方でも、材料を変えることで、
雰囲気ががらっと変わります。

よろしければ、ご参考になさってください。

まとめ

こちらでご紹介しました三作品で使用した材料は、
冒頭でお伝えしました、
以下の条件をクリアしています。

  • シンプルな定番の材料。
  • 穴が大きめ
    (テグス編みをする時に編みやすいため。)
  • 色は無彩色
    (AB加工など、光沢が無い方が使いやすい。)
    黒、クリスタル、白、パールなど。
  • 大きさは3mm〜8mmくらい。

材料をお選びいただく際は、
上記のポイントをご参考になさってみてください。

Comment